自称ローカルジョッキー秋山真一郎 福島見参

来ましたねぇ。

 

流れ上、中京で騎乗の様相が、福島です。

 

ましてや、継続騎乗でなく乗り替わりでの参戦です。

 

ラジオNIKKEI賞は、バルベーラ要チェック!!

 

10Rキョウワゼノビアのために福島に来たっていう・・・んなぁこたぁないはず

キタサンはバケモノでなかった・・・

それでも。横綱相撲で勝つと思っていたのだが。。。

 

一番、残念なのは凱旋門賞が無くなったことである。

 

ユタカ騎手、清水調教師も相当ショックであろうと。

宝塚記念の前に・・・

天皇賞組は厳しいかも・・・。(下位は別)

 

ありゃ、疲労が残らないわけがない。

 

1頭のバケモノを除いて。。。

最近、秋山フィーバーだな

むむ、ローカルでないのに騎乗数がいっぱいなのである。

 

なんだなんだ・・・理由はわからん。が、うれしい。

 

さて、先の土日の秋山騎手の騎乗について。

 

新馬戦は、あかんかった。また乗れるかな?

 

どうも、内にこだわり、直線前が壁のケースが多かった気がする。

 

まぁ、それなりであったのである。(個人的感想)

グレーターロンドン来なかった・・・

・・・4着。

 

スタート、道中の位置取り、直線・・・

 

言う事なしでしたが・・・。

 

せめて、ロゴタイプは差してほしいところでしたが、現状の力が計れたかな。

 

今後に向けて、楽しみが出た半面、予想を超えてくれなかったのが・・・。

グレーターロンドンいざGⅠへ

ついにやってきた。

 

グレーターロンドンが安田記念に出走である。

 

スローペースの可能性大。今までの競馬では届かない。

 

しかし、鞍上が交代した。もう少しスマートな競馬ができそうだ。

 

そして、イスラ&ルメールという格好の目標がいる。

 

あの馬をマークしておけば大丈夫だろう。

 

さぁ、行け!グレーターロンドン!!(ドン)

第84回日本ダービー回顧

いやぁ、ノリがやってくれそうでした。さすがや。

 

もし、ルメールが途中で動かなかったら、格式高いダービーがレベルの低いレースになりかねなかった。その意味でもルメールさん、さすが。

 

おそらくですが、レイデオロ皐月賞を勝とうと思えば勝てたでしょう。

 

ですが、悲願であるダービーを勝つためのローテなのでしょう。

 

個人的には、ホープフルはダメージ高いレースなので、軽視していたのだが。

 

ルメールというより、藤澤さん、ようやくダービーを勝て、おめでとうと言いたいのと、感無量である。以前は、関西に押されていたのを関東で唯一対抗していた感を思い出した。最近は影を潜めていたけれども。。。

 

日本ダービーを勝つためには・・・特にローテーションについて考えさせられた。

危惧するは、『皐月賞』の位置付け。

 

外れましたが、ノリの粘りは見れたし、藤澤さんが勝ったので、おもしろいダービーでした。

 

あとは、藤沢厩舎にノリが騎乗してクラシック・・・あるかな?